〜ラチエンランニングアカデミーへようこそ〜

『茅ヶ崎・ラチエン通り』
それは海へ続く道ーーー
その道から茅ヶ崎のシンボルともいえる「えぼし岩」が見えます。
そんな潮風の吹くこの茅ヶ崎で楽しい仲間達と一緒に走りませんか?
ラチエンランニングアカデミーは、目標を持つあなたを全力でサポートします。

■今、パーソナルトレーニングが必要な理由

昨今のランニングブームにより多くのランニングクラブの中でのトレーニング環境、又はランナー仲間との情報交換により、速く走るためのノウハウは一見恵まれているように思えます。

みんなで集まって速い人たちと一緒にペースランニング、インターバルといった集団で行う練習会はとても楽しく、やり終えた時の充実感は大きいものです。そして、回を重ねる毎に初期の頃はぐんぐん走力も身に着き、これが最高の練習方法だと信じていきます。ところが、数か月もすると持続的に走力が伸び続ける人はほんの一定数であることが多く見受けられています。理由は簡単です。初期の頃はランニングクラブに通うことでトレーニングを習慣付けることだけでもこれまでにない刺激が加わるため、身体を適用させて走力向上になります。また、プロの方のレッスンであれば、最大公約数的に速くなるであろうメニューが提供されます。※ここだけで持続的に成長し続ける人は非常に稀です。

恵まれた環境による成長の伸びシロを使い切ってしまうと、その後の成長は各々の課題をどう把握し、どう対処するかに懸っていますが、この領域は自分自身を正しくコーチングする知識や正しいランニングのトレーニング知識と技術を持ち合わせていないと、成長どころか故障を繰り返して走力的には退化してしまう事になりかねません。

集団練習はランニングを習慣化し、モチベーションを維持していくには大事です。

但し、自身特有の速くなるための課題というのは誰しも有しています。この部分にアプローチできるのは、パーソナルトレーニングが最も有効であり、一緒に課題を見つけ、乗り越えていくことを今回のトレーナー業における私の使命としております。



■プロフィール

山崎洋輔

茨城県常陸太田市出身

少年時代は陸上部がない学校で育ったため、バスケットボールや野球に打ち込む。陸上部はなかったが、県の駅伝大会や地区の陸上大会には学校代表で毎年出場。中2、中3時に県駅伝大会出場。中学3年時は1500Mで入賞。

社会人になり本格的に走り出したのは2010年のかすみがうらマラソンに挑戦を決めたことがきっかけ。2011年終わりまでは某ランニングクラブのトレーニングで順調に記録を伸ばすが、その後は故障とスランプに悩まされ、練習方法についての考え方の方向転換が生まれ、運動生理学やトレーニング理論について学ぶ。

2015年は某スポーツメーカーのランニング施設でシューズの販売やランニングレッスンを担当。

2016年からより深く個々のランナーの悩みを解決するためにパーソナルトレーニングメインのサービスを開始する。

フォームを徹底追求の上でのスピード向上を目指し、無駄に高頻度なLSDをさせず、適切なペース設定での距離の踏み方を指導の信条とする。

《指導関係》

2016年湘南国際マラソンに向けての5ヶ月トレーニングプロジェクトを実施し、受講者全員が自己記録を更新達成。

その他主要大会で出場した受講者の100%が自己ベスト更新を達成中。

Woman's Track2017大会ペースメーカー

2016年MKディスタンスチャレンジ大会ペースメーカー

《競技関係》

2012年横浜選手権10000M:3位

2015年千葉国際クロスカントリー選手権出場

2013年グアムインターナショナルマラソン5km:3位

2017年グアムインターナショナルマラソン5km:2位

2017年以降はマスターズ陸上の1500M、5000Mに注力予定

≪保有資格≫

・ランナーズマイスター初級

・日本フットウェア技術協会ランニングパーソナルベーシック認定資格取得

・茅ケ崎市消防署応急手当普及委員